忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いいね!


ジャーナリストの方が発信しているニュースがJAPANニュースにあります。個人という項目があります。2013年8月6日の記事で、「Facebookのいいね!大量生産するダッカのクリック向上」というタイトルのニュースが配信されていました。ダッカとは、バングラデシュの首都です。中国を拠点にいいね!やフォロワーを増やすサクラ集団がいるそうですが、こちらの記事では、今回はダッカが調査報道の対象になったとのこと。バングラデシュのダッカにあるクリック向上のオーナーは、「Facebookの王様」と呼ばれていたそうです。ビルの一室で、10数人の若者がアカウントを使い分けてひたすらクリック。ある若者は、アカウントを一千も持っていると(汗)。
1千人分で15ドル、YouTube再生回数1,000で3ドルだそうで・・・。24時間、1日3交替でフォロワーを増殖させているそうです。うひゃぁ・・・、一千アカウント作るの大変^^;。
twitterは一千アカウント就くのは簡単かもしれませんが(匿名というはHN可能ですから)、Facebookでアカウント一千作るのは無理というか難しいというか・・・、はっきり言って不可能なのではないのでしょうか?。実名登録のFacebookでの一千アカウントは不可能かと・・・。Facebookの場合はいいね!クリック頑張るのかな・・・?。でも、lこのいいね!クリックと、フォローするのがなぜ悪いのでしょうか。無知でごめんなさい。別に何も害はないと思いますし、申請が来たら拒否すればいいだけの話かなと単純に思いまして・・・。
だってこのようなビジネスって他にもあると思いますから。いいね!クリック一回いくらとかってビジネスというかバイト。なので、もし、いいね!やフォロワーを増やすだけで何の利益もないビジネスだったら、このFacebookの王様はただ賃金を若者に払っているだけで、無駄金で損をするだけですしね・・・。

催眠療法池袋店
ヒプノ セラピー 東京

モンスターストライクの攻略情報サイト
○解放の呪文
ガチャ
ガチャ?
ランキング
シリアルコード#
進化×神化

痩身や小顔を実現するサービス、関西
美容整体 梅田
顎 関節症 梅田
骨盤を矯正!大阪
美容整体 関西
カオの歪み整える 梅田
プロ向け美容技術 関西
全身バランス調整でゆがみ改善
小顔に矯正!大阪
PR

紹介


さっきメールをチェックしたらAmazonからのメールでした。メールタイトルは、「商品のお知らせ ○○○(本のタイトル)」。メールを開いてみると、買い忘れはないか、お客様がこれまでカートにチェックされ商品の紹介だとのこと。あぁ・・・、確かにカートに入れたことがある本たちだと思いました。が、このカートに入れた2冊の本は、ショッピングカートから削除したはずなんだけど・・・。あ、そう・・・^^;。購入済みまたはショッピングカートより削除済みの場合にも、本メールが送信されることがございますのでご了承くださいだそうです^^。
よし、了承した!!!(笑)。う~ん・・・、買い忘れがある人へこのメールを送信するのは効果的かもしれませんが、ショッピングカートから削除した商品まで紹介するのはどうなのだろう・・・。もう購入した、やっぱりいらないという人に対して効果があるのだろうか・・・。謎ではありますが、何もやらないよりは効果があるのか^^。

ヒプノセラピスト池袋
ヒプノ セラピー

全身矯正で痩身へ、関西の整体
骨盤の矯正、梅田
痩身整体 神戸市

不用品のおまとめ処分パックコース、愛媛県
処分松山
プラズマ引取り愛媛
廃品回収松山
不用品格安処分

米国の格安荷物転送サービス
オレゴン格安転送サービス

活動


ファミ通.comで配信されていたニュースになかなか興味深い記事がありましたよ^^。「Googleの広告営業が明かす効果的なオンライン広告の事例と活用法」というタイトルの記事です。ありゃ?!、記事内の開催期間間違えたのかな・・・?。2012年8月21日~8月23日の3日間、CEDEC(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)2013が開催されているになっているけど、2012年じゃなく2013年の間違いだよね・・・?^^;。この記事の中でおぉ☆と思ったのは、「マーケティング活動は買わない人を買う気にさせることが重要」という記述。ふむふむ、買わない人を買わないままの状態にしておいたらマーケティング活動いらないですもんね^^;。
マーケティング活動に、「Googleトレンド」を取り入れるといいようです。Googleトレンドとは、Googleで検索されている単語の動向がグラフで把握できるので、そのGoogleトレンドのグラフを活用してマーケティング活動を行えばいいようです。しかし買わない人、買う気がない人の購買意欲を掻き立てるのはかなり難しいことですね・・・。実店舗でもそうだと思いますが、一押しすれば買ってくれる人、商品の良さを説明すれば買ってくれる人。まず店に着て商品を見ているということは、少なくとも少しは興味があるという証拠ですから^^。興味がなければ店に入りませんし、その商品を見ていないはずです。それはネット上でも同じことで、興味がある、どんな商品か知りたい、購入したいという考えでそのキーワードで検索をしているはずですから^^。実店舗と違うのは、リアルタイムでお客さん(訪問者)と会話が出来ないことです。
実店舗であれば、リアルタイムの営業トークが出来ますが、Web上ではリアルタイムの営業トークはできません・・・。そこがネックですし、オンライン広告やアフィリエイトの難しいところだと思います・・。

ペンギンやパンダの打撃が大きい場合の対処法
質の低い被リンクは少ないほど良い
風俗・キャバSiteの弊SEOサービス利用も一応可能
被リンクも重要だが、内部対策のアドバイスが重要
どんなサイト管理者がSEO集客で成功し続けるのか
PCサイトとスマホサイトで同じコンテンツは使って良いか?
「不動の1位表示」達成のための流れ
パンダアルゴリズムとSEOスコア
検索エンジン会社の運営する無料メールは使わない方がSEOは上手く行く
SEO業者選びの条件
不動の1位表示は実力なくして取れない
コンテンツの質とは何か?
中小検索エンジン登録代行では長期上位表示は見込めない
Googleに好まれるコンテンツとは
2012年以降、検索エンジン集客が減少しているサイトの原因
        
  • 1
  • 2
  • 3