忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上回る


インターネットコムで配信されていたニュースなのですが、メリッサさんの力なのか?!。米国yahoo!、7月のWebトラフィックがGoogleを上回るというタイトルの記事がありました。ユニークビジター数が、Googleサイトを上回っていたそうです。Webサイト利用動向調査で分かったそうです。yahoo!がGoogleを上回ったのは2011年5月以来初めてだそうです。2位のGoogleとの差は430万人。上位3歳とは御三家です。1位yahoo!、2位Google、3位MicrosoftSite。4位にFacebookが来ています。
そしてすごいのは、2013年6月に買収したTumblrのユニークビジター数を含ま内でのユニークビジター数だそうです、yahoo!。この記事で書かれていた感想は、「ここ数か月、yahoo!サイトとGoogleサイトのユニークビジター数が拮抗していたことを考えれば、逆転は通常の季節的な、あるいは月次的な変動によるものなのかもしれない」。この記事を書いたライターさんの感想でした。・・・よく意味が分からないけど・・・、まぁいっか^^(笑)。おいらの理解能力は低いですから(笑)。何を言いたいのだろうか・・・。yahoo!ユニークビジター数が増えたのは当たり前だということを言いたいのか、はたまたGoogleのユニークビジター数が減っているのは当たり前だと言いたいのか・・・^^;。まず拮抗(きっこう)の意味を調べて照らし合わせてみるか。拮抗→構造の類似した物質同士が特定の活性などについて干渉し合う現象。競合ともいう。拮抗、相反などと似た意味。二つの因子が相反する作用をすること。
Kotobankより。あ、Goo辞書の方の意味の方が分かりやすいかも。勢力などがほぼ同等のものどういが、たがいに張り合って優劣のない事。このことから、yahoo!がGoogleを抜いたのは一時的なことだと言いたいのかな・・・?。

余計な被リンクはついてない方がSEO集客できる
テキスト文章を増やせばSEO上位表示は上手く行くのか?
SEO対策を施すにあたり、ページ自体に手を入れることは必要でしょうか?
同じコンテンツを複数サイトで使い回す場合のSEO面の悪影響について
中小検索エンジン登録に期待できるSEO効果とは
被リンクの質とGoogleレーダー
被リンク効果はすぐに出るのか?
被リンクの質がまず第一。被リンクの量は第二
日本語URLと文字コードの種類
被リンクの評価安定までに掛かる期間とリンクエイジ
SEO情報の収集。情報強者と弱者の違い
高度な技術要するのが被リンクSEO。内部SEO以上に難しい
スピード感重視なら広告。長い目で見るならSEO
検索結果の順位は力関係できまる
QDFとは。SEO対策
PR