忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

活動


ファミ通.comで配信されていたニュースになかなか興味深い記事がありましたよ^^。「Googleの広告営業が明かす効果的なオンライン広告の事例と活用法」というタイトルの記事です。ありゃ?!、記事内の開催期間間違えたのかな・・・?。2012年8月21日~8月23日の3日間、CEDEC(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)2013が開催されているになっているけど、2012年じゃなく2013年の間違いだよね・・・?^^;。この記事の中でおぉ☆と思ったのは、「マーケティング活動は買わない人を買う気にさせることが重要」という記述。ふむふむ、買わない人を買わないままの状態にしておいたらマーケティング活動いらないですもんね^^;。
マーケティング活動に、「Googleトレンド」を取り入れるといいようです。Googleトレンドとは、Googleで検索されている単語の動向がグラフで把握できるので、そのGoogleトレンドのグラフを活用してマーケティング活動を行えばいいようです。しかし買わない人、買う気がない人の購買意欲を掻き立てるのはかなり難しいことですね・・・。実店舗でもそうだと思いますが、一押しすれば買ってくれる人、商品の良さを説明すれば買ってくれる人。まず店に着て商品を見ているということは、少なくとも少しは興味があるという証拠ですから^^。興味がなければ店に入りませんし、その商品を見ていないはずです。それはネット上でも同じことで、興味がある、どんな商品か知りたい、購入したいという考えでそのキーワードで検索をしているはずですから^^。実店舗と違うのは、リアルタイムでお客さん(訪問者)と会話が出来ないことです。
実店舗であれば、リアルタイムの営業トークが出来ますが、Web上ではリアルタイムの営業トークはできません・・・。そこがネックですし、オンライン広告やアフィリエイトの難しいところだと思います・・。

ペンギンやパンダの打撃が大きい場合の対処法
質の低い被リンクは少ないほど良い
風俗・キャバSiteの弊SEOサービス利用も一応可能
被リンクも重要だが、内部対策のアドバイスが重要
どんなサイト管理者がSEO集客で成功し続けるのか
PCサイトとスマホサイトで同じコンテンツは使って良いか?
「不動の1位表示」達成のための流れ
パンダアルゴリズムとSEOスコア
検索エンジン会社の運営する無料メールは使わない方がSEOは上手く行く
SEO業者選びの条件
不動の1位表示は実力なくして取れない
コンテンツの質とは何か?
中小検索エンジン登録代行では長期上位表示は見込めない
Googleに好まれるコンテンツとは
2012年以降、検索エンジン集客が減少しているサイトの原因
PR